04. 青空養蜂園

青空養蜂園
AOSORA BEE GARDEN

蜜蜂ファーストで考える養蜂を心掛けてます。自然の蜜蜂が好む環境で養蜂をする為に、蜜蜂の習性を徹底的に研究し、森の中に養蜂場を作り、森を育て自然を守り蜜蜂と共に美味しい蜂蜜を追求しています。非加熱・非精製・無添加・無薬品・無給餌を実現しています。

We try to beekeeping that gives top priority to bees.
In order to raise bees in an environment preferred by natural bees, we thoroughly study the habits of bees, create an apiary in the forest, grow the forest, protect nature, and pursue delicious honey with bees. We have achieved non-heating, non-refining, additive-free, chemical-free, and feeding-free.

 

OUR INITIATIVE

 

01

自然の蜜蜂の巣を再現する

あまり知られていませんが、養蜂では薬品を少なからず使います。蜜蜂の巣は年間を通して約35度を維持しています。暑い時は羽根で風を作り冷却し、寒い時は自らを震わせて熱を出して温めます。そのためダニやカビが発生しやすくなります。そこでダニ薬やカビ対策の抗生物質を使う必要があるのです。また、巣礎と呼ばれる蜜蝋で出来た蜂の巣の基礎になる物には、防腐剤であるパラペンが入っています。無添加の巣礎は見た事がありません。我々は巣箱から取れる蜜蝋を自社で再加工し、無添加の蜜蝋から巣礎を作っています。

Beehive maintain about 35 degrees throughout the year, so it needs to use tick medicine and antifungal antibiotics, but Aosora Bee Garden does not use medicines. In addition, a beehive made of beeswax, which is called "Suso" in Japan, usually contains paraben which is an antiseptic, but we make "Suso" from the additive-free beeswax which is taken out of used beehive and reprocessed.

028.jpg
159.jpg

02

無薬品・無給餌へのこだわり

ダニ薬や抗生物質を使わず、独自開発している乳酸菌や麹などで天然の抗菌剤を作りそれを塗布する事で病気や腐敗を防ぎ、何より薬品が蜂蜜や蜜蝋に入る事を防いでいます。また世界中の最もポピュラーな養蜂では必ず給餌(餌やり)をしますが、私たちは給餌を絶対にしません。蜜蜂の餌でもある蜂蜜を人間が採ってしまうと彼らの食糧が無くなり餓死してしまうので、餌やりをする事で飢えを凌いでいますが、我々はこの給餌を一切やりません。蜜蜂自らに蜜を集めさせる事で蜂が家畜にならず、強く生き生きした蜂群が育ち、蜂蜜も更に美味しくなります。

We use natural antibacterial agents made from lactic acid bacteria and jiuqu, which we have developed independently, without using mites or antibiotics.Also, the most popular beekeeping in the world always feeds, but we never feed.
By letting the bees collect honey themselves, the bees do not become livestock, but become a strong and lively colony of bees grows and the honey becomes even more delicious.

03

完熟蜂蜜を作ります

平均1段〜2段の巣箱が7,000匹〜14,000匹なのに対して、私たちは4〜5段つまり28,000〜30,000匹のとても大きな蜂群に育てます。花が咲くと彼らが一斉に集蜜するので、春、秋、冬と3シーズンで豊富に採蜜が出来ます。夏は台風や雨が降らず、採蜜してしまうと蜂達の食べる分が無くなってしまうので採蜜はしないようにしています。
蜂蜜を3〜4段以上にしていくと、巣箱の中に豊富な蜂蜜が溜まっていきます。そうすると蜜蜂が完全に巣に蓋をして非常食用に保管します。そのまま年間通して35度ある巣箱に2ヶ月程放置する事により、ゆっくりと余分な水分が無くなり、濃厚で芳醇な蜂蜜「宮古蜜」が出来上がります。

Number of beehives are one or two by usual beekeeping method, we make it very large with four to five hives. Increase the number of beehives to 3-4 or more, abundant honey will accumulate in the birdhouses. Bees will then completely cover the hive and begin to store it for emergency food. By leaving it in the hive at 35 degrees for about 2 months, the excess water will slowly disappear and the rich and mellow honey "Miyako honey" will be completed.

065.jpg
075.jpg

04

非加熱・非精製へのこだわり

宮古蜜は完熟蜜のため、加熱処理により水分を飛ばす必要がありません。また、採蜜後丁寧に濾して手作業で瓶詰を行うため、余計な処理は一切いたしません。もちろん人工甘味料などの糖類や、その他混ぜ物は一切いたしません。

Miyako honey is ripe honey, so there is no need to remove water by heat treatment. In addition, since the honey is carefully strained and bottled by hand, no extra processing is required. Of course, we do not use any sugars such as artificial sweeteners or other chemical mixtures.

ABOUT STORE

青空養蜂園

住所:〒906-0000 沖縄県宮古島市下地来間104-1

電話:0980-76-2440

営業時間:10:00am - 18:00pm(*短縮営業の場合あり)

定休日:不定休

営業時間、定休日の最新情報はInstagramでお知らせしております。

AOZORA BEE GARDEN

Address:Sitaziraikan104-1, Miyakojima Shi, Okinawa Ken, 906-0000, Japan

Tel:0980-76-2440

Business hours:10:00am - 18:00pm

Holiday:Irregular holidays

We will inform you of the latest information on business hours and holidays on our Instagram.

ONLINE STORE

 

現在は宮古蜜のみのお取り扱いとなっております。

Currently, only Miyako honey is available.

DIARY

 

OTHER BUSINESS